火葬と葬儀を別地区で

遠く離れた実家から東京に呼び寄せた親が亡くなったようなケースでは、火葬だけを東京で行い、遺骨を実家に持ち帰ったときに地元で骨葬を行うということが増えてきています。火葬と葬儀を別々の地域で行うことは、家族が細分化された現代において、大都市では今後も増えていく現象でしょう。
ここでいう骨葬とは、遺体ではなく、遺骨を祭壇に供えて葬儀、告別式を行うことです。
通常の葬儀の順序は、通夜から始まって、葬儀・告別式、出棺、火葬という流れですが、地方によっては、葬儀・告別式の前に火葬が行われます。順序としては、通夜を行い、翌朝に出棺して火葬をし、午後から葬儀・告別式を行い、終わると墓地に行き納骨という流れです。これは土葬が長く続いた地域に見られる形式で、葬儀の締めくくりはお墓に埋葬する、という習慣からのものです。
本来は、このような流れの中で、遺骨を前にして葬儀、告別式を行うのが骨葬でしたが、東京のような大都市で亡くなった人を火葬してから、後々別な土地で葬儀を上げたり、あるいは、その変形で死亡直後に都会にいる家族だけで密葬を行い、そのまま火葬にして、その後、時間をあけてから遺骨で本葬やお別れ会を行うことも広義の骨葬と呼ばれるようになっています。
火葬と葬儀を別な地域で行うことは、手間がかかるように見えますが、時代の要請であると同時に、故郷に親類縁者が多数いる人にとっては、都会で火葬を行った後、故郷で葬儀をすることは理に適っていると言えます。

おすすめ記事ピックアップ

  • image01

    予約の取れない火葬場

    東京、首都圏では人口に対して、火葬場の施設が少ないために、常に火葬の待ち時間が発生している状態です。
    火葬場には、施設基準がなく、建設に関しては市町村にすべて任されているのが現状のため、現存する設備は戦後に出来た火葬場から最新の火葬場まで非常に幅が広く性能もまちまちです。その結果、特定の設備に予約が集中して待ち時間が発生するという悪循環に陥っています。

    続きを見る

  • image03

    参列者に通夜料理を振る舞う

    通夜振る舞いは、主に仏教で、僧侶の読経と弔問客による焼香の後、弔問客に対して食事や飲み物を供し故人を偲ぶ場のことを言います。特に関東圏、東京では、弔問客が式場で焼香した後に、係員が別室に案内し、寿司やオードブルなどの通夜料理とお酒などの飲み物を振る舞います。通夜料理は一口でも箸をつけることが供養になるとされていますので、弔問客は断らずに少しの時間でも通夜振る舞いに参加します。

    続きを見る

  • image02

    お香典をアテにしてはならない

    お葬式の費用は想定されるものと、想定以上にかかるものとが積みあがって、多額の費用負担となります。その葬儀費用支出に対して、一般葬におけるお香典は収入となりますので、費用支出の補てんに期待を寄せることになります。
    しかし、全額を支出補てんのあてにできるわけではありません。お香典が通夜振る舞いや香典返しで終わることもあり得ます。

    続きを見る